岡山市の工務店 森材木店 注文住宅 リフォーム 岡山県岡山市南区灘崎町 倉敷市 玉野市

目に見えない環境汚染時代を生き抜くために32


◇新自由主義に立ち向かうには
◇生活に風水をいかそう


 今年も余すところ二か月をきり冬支度を整える時期となりました。どのような晩秋をお過ごしでしょうか?10月も実にさまざまな事件が起きました。日本社 会を揺るがしたマンション傾斜事件では、旭化成建材が行った杭打ち工事でデータの改ざんや流用が発覚。東芝の1500億円にものぼる組織ぐるみの不正会計 事件といい、東洋ゴム工業の防振ゴム製品の性能データ改ざんといい、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題といい、唖然とするより他はありません。

 大局的な見方をすれば、産業革命以降、化石燃料依存産業の大量生産・大量消費・大量廃棄の産業構造のグローバル化に伴う価格競争の激化によって利 益がでにくくなっている焦りがあるのではないでしょうか。そうした産業構造自体が持続可能ではなくなってきているのに、より安い労働力、安価な調達という 方向に走り続けていては歪みが生じて当然です。にもかかわらず、巨大資本の体制維持のために「新自由主義」という名のもとで全ての規制を取り払おうとする 動きが世界を席巻しています。

 しかしながら、新自由主義を代表する金融自由化による弊害はリーマンショックを引き起こし、海外進出は国内の産業空洞化を招きました。原発の安全 神話は崩れたにもかかわらず再稼働を始め、土地神話は90年代のバブルと共に崩壊したはずなのに、需要を上回る建設ラッシュが続いています。政府はかつて 大蔵官僚が「禁じ手」「麻薬」と畏れた赤字国債を発行し続け国家予算に予め組み込むことが常態化しています。

blog151105-1.jpg


 起業は借金してスタートするものだと言われたものですが、少なくとも企業活動では収益をあげ負債を減らすための努力を日々続けています。家を購入 するにも20年〜35年の住宅ローンを組むことが当たり前の世の中。借金への抵抗があっても家族のために何十年間働き続けるのが平均的な日本人像となって います。国の借金が増えても赤字国債はほとんど国内で消費されているから問題にはならないと開き直られても困ります。国家財政の健全化は急務と言えましょ う。

 TPPが発効すると、建設業界においては公共事業の入札や機材の発注などの事業に関して、外国企業を差別しないルールが導入されることになりま す。大型事業に限定されるものの、マスコミは大手建設業者の海外進出に拍車がかかるとポジティヴな捉え方をしています。一方で地域社会における公共事業は 地元企業を育む一定の役割を担ってきましたが、海外事業者の進出を想定しておく必要があります。但し、WTOで既に入札資格のある国が4カ国ありながら入 札実績はほとんどないので、例え海外事業者が受注したとしても仕事は地元企業におりてくると考えられているようです。

 東京神宮外苑で進んでいる新国立競技場の工事現場においては、アジアやアフリカからの労働者も数多く働いています。建設業界の人手不足が深刻化す る中、日本政府は建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置として、今年から外国人材の受入れを始めています。復興事業の更なる加速を図りつつ、 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた建設需要増大に対応するための時限的措置として昨年閣議でとりまとめられていたものです。

blog151105-2.jpg


 不毛な価格競争により品質問題や不正問題が頻発することがないよう、日本企業は自信をもって取扱いができる自社開発商品やオンリーワン商品を武器 にしていくことが要となります。リフレクティックスをはじめとする差別化商品はTPP時代を生き抜くうえでも大いに本領を発揮していくことでしょう。大企 業の多くはアベノミクスを享受して内部留保を増大させましたが、従業員や株主への還元はもちろんのこと、伝統的且つ複雑な複層下請構造にその恵みを分配し ていかなければなりません。

 自社利益のみを追及していく姿勢では大企業であれグローバル市場を生き抜いていくことができないでしょう。半導体業界などで憂き目をみた過去の教 訓を活かし、競争よりも連帯を強めオールジャパンで協力し合う姿勢を強化し、グローバルなルールづくりを率先して担っていく必要があるでしょう。デファク トスタンダードをつくれるのは大企業だけではありません。中堅・中小企業やベンチャーが持つオンリーワン技術をグローバル市場に販売するチャンスの到来と 捉えることもできるでしょう。

 松下幸之助は57歳のときに、ラジオやテレビを製造するためオランダの総合家電メーカー・フィリップスと提携しましたが、その交渉術には大いに学 ぶところがあります。フィリップスは新しい合弁会社に対してイニシャル(頭金)55万ドルに加え、株式30%とロイヤリティ7%を要求してきました。松下 幸之助は55万ドルをすぐに支払い、副社長を現地に送りこんで交渉を進め、株式参加も承諾したものの、7%のロイヤリティに対しては断固として反対し、経 営指導料を逆請求したのです。

 これにはフィリップスも度肝を抜かれたそうですが、松下幸之助は一歩も譲らず、最終的にロイヤリティを4.5%支払う代わり経営指導料を3%受け 取ることで合意したとのこと。実はフィリップス以外に、アメリカの家電大手2社から5%のロイヤリティを先に提案されていたそうですが、条件の良いアメリ カ企業にのらずにオランダのフィリップスを相手に選んだところにも経営者の勘所を感じさせられます。

 筆者の母が1950年代後半に松下電器産業(東京支社)に就職したときは、社名は愚か、教師すら「電球をつくっている会社」程度の知識しかなかっ たと言います。受付嬢をしていた時期に松下幸之助社長を度々迎えたそうです。「ねむの木学園」をたちあげた宮城まりこさんとも一緒によくいらしていたと か。念願叶って人事部に異動したそうですが、そろばんで給与計算をして現金封筒で給与を準備していた当時の様子が伝わる秘蔵写真をどうぞ。

blog151105-3.jpg


 ◇生活に風水をいかそう

 さて、今回は身近なところで活かせる風水についてご紹介したいと思います。近年になり市民権を得てきた風水ですが、香港や中国では古代から現在に 至るまで建築物はもちろん、都市計画も風水に則しており、人々の生活の根幹にかかわっています。古墳時代に遡れば、日本にも百済や新羅を通じて風水が伝わ り高松塚古墳やキトラ古墳が造られました。藤原京や平城京も風水を重んじて造られたものです。

 キトラ古墳には世界最古の天文図が北極星を中心に東西南北の星が描かれている他、十二支の人物像や四神と呼ばれる北に玄武(黒亀)、東に青龍、南 に朱雀、西に白虎が色鮮やかに描かれています。これらは風水思想に基づくもので、同時期に藤原宮を造営した天武天皇が陰陽道を重んじたことが日本書記にも 記されています。唐の都、長安にならってつくられた平安京の姿は今日の京都に受け継がれており、風水に則ってつくられた都の息吹を感じることができます。

blog151105-4.jpg


 陰陽師の漫画や映画、パワースポットのブームもあり、日本独自の発展を遂げ江戸時代まで定着していた陰陽五行の思想に基づいた風水の暦や地相(方 位を観ること)が復権しつつあります。電磁波過敏症であった筆者は地磁気にも敏感で、訪問する場所によっては頭痛や耳鳴りが始まり空間が歪んで見えること も。気の流れの良いイヤシロチと呼ばれる空間とケガレチと呼ばれる気が枯れた空間の違いを察知することはできるのですが、風水を活用することでイヤシロチ 化できることが分かりました。

 皆さんの身近にも、「よく店が潰れるテナント」とか「なぜか分からないが近寄りたくない場所」などありませんか?迷信だと気にしない人が多いと思われま すが、風水をかじっていくとなるほどと頷くものです。信じるも信じないのも皆さん次第ですが、身近に何をやってもうまくいかず、原因不明の症状などに悩ま されている人がいたら、ご自宅や職場の環境をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 徳川家康の参謀であった天海僧正は風水思想に則り江戸城や江戸の街づくりをしたと言われています。江戸城からみて鬼門(北東)に上野寛永寺を建てて封 じ、北に日光東照宮を造りました。江戸時代が250年以上続いたのも易に精通した天海の秘策によるものという説があるほどです。平安京では大内裏の鬼門に 比叡山延暦寺が置かれました。

 筆者は風水師ではありませんので詳しい歴史や理論は述べられませんが、15年前に海外で入手した風水の第一人者・実践者が執筆した書籍より抜粋し て建設や住宅にまつわる部分を分かりやすくご紹介させて頂きます。近年は風水鑑定してくれる不動産屋さんが人気を集めていたり、風水ブームに火をつけた Dr.コパが銀座の一等地に自社ビルとショップを保有していることからも、消費者ニーズの高まりを実感します。Dr.コパは一級建築士や神職、馬主でもあ るのですね。

 水天宮は風水的に良い場所であることから、ソフトバンク(汐留移転前)やIBMが拠点を置いていたとか。汐留は縄文時代の遺跡が発掘されるなどイ ヤシロチかと思いきや場所によっては風水的に最悪という説も。マッカーサー道路が開通してシャンゼリゼ通りのように活気に満ちたプロムナードを目指してい るようですが、そうした空気感は感じられず、汐留地区のイタリア街もほとんど人が歩いていません。

 風水の知恵を借りたほんのちょっとした工夫で建物だけでなく街全体を活気づけることができるならば、騙されたと思ってやるだけの価値はあるかもし れません。日本はどこにいっても高圧線や電線が行き交い景観を大いに損ねているだけではなく、人体に対する影響も及ぼしていますが、電線の地中化を進める ことは風水的にも理に叶うのではないでしょうか。近年はケーブルテレビやブロードバンドなどさまざまな電線が知らぬ間に増設されており注意が必要です。

 さて、キトラ古墳に描かれていた四神は東西南北それぞれを司る霊獣とされており、風水では欠かせないシンボルです。それぞれの意味を簡単にみてみましょう。

1. 玄武

blog151105-5.jpg

  出典:明日香村ホームページ(以下4図共)

玄武は黒い山のような亀の甲羅に蛇が巻きついた姿で描かれており北を司ると言われています。亀は家族を守りゆっくりと着実に幸運を運んでくれるものです。

2. 朱雀

blog151105-6.jpg


朱雀は朱色の鳳凰の姿で描かれており南を司ると言われています。
鳳凰はさまざまなチャンスと幸運を運んでくれるものです。灰の中から蘇る姿は、難局にあっても成功へと導かれるシンボルとなっています。

3. 青龍

blog151105-7.jpg


青龍は東を司ると言われています。
青龍は、豊かさや地位、権力など、あらゆる物質的な成功をもたらしてくれるものです。

4. 白虎

blog151105-8.jpg


白虎は西を司ると言われています。
白虎は完璧な守護を約束し、青龍の存在するところに現れるとされています。

 風水的に良い場所を探すときに、古代中国では平たい土地は避けていたとのこと。なんと、筆者の実家があるさいたま市は全国で最も平らなのだそうです。そ のような場合は、大きな石や岩、高い建物などが陽の気をもたらしてくれるそうです。一方、急斜面も避けるべきだとしています。といっても、崖や斜面を削っ て造成すれば問題はありません。理想的なのはなだらかな丘陵地帯や中山間地のようなところですね。

 山は家屋や建物の後ろ側に位置していることが重要なポイントとなります。正面玄関の目前に山(都会では高いビルや壁など)が聳えているのは風水的 には良くないとのこと。もしそのような建てかたをしてしまった場合は、正面玄関を使わずに裏口(かって口など)を使うようにすれば山は逆に守護となってく れるそうです。離れていれば問題ありませんが、すぐ近くにあるときは、正面玄関に背の高い門灯を設置したり生け垣をつくることで対処できます。

 水(川や湖など)の近くでは家屋の正面を水に向けることで運気をとりいれることができます。水辺を見渡せるような建てかたが理想的です。香港では 海に面した斜面に数多くの高層ビルが上から下までぎっちりと立ち並んでいます。それでは、最も風水的に良いのは上中下どのエリアのビルでしょうか?その答 えは、斜面の中腹のビルが最も風水的に良いとされ富裕層のマンションが占拠しています。背後の山やビルが守護となり、正面に見渡せる海が富を運んでくれる のです。

 高層ビルに住む場合は、周囲により高いビルがあれば最上階に住んでも構いませんが、一番高いビルの場合は避けた方が良いそうです。守ってくれるも のが何もなくなるとか。丘の上の建物も同様です。また、最上階に水をもってくることは余り良くないそうです。よく最上階に温泉やプールをつくるホテルがあ りますが、風水的にはNGとのこと。屋根を水色(青)にすることも良くありません。

 次に土地や建物、部屋などの形状ですが、基本的に左右対称の形状であれば風水的に良いものです。四角、丸、長方形、八角形など。逆に良くないの は、三角、十字型、台形など。また、角が欠けているL型、U型、Z型も問題です。ただ、欠けた部分を補う工夫をすれば大丈夫とのこと。例えば、欠けた部分 の角に高い照明を設置することで問題をクリアすることができます。また、階段状や中間のえぐれた形状も良くないとのこと。左右対称の王型は良いそうです。

 建物の場所としては、行き止まりは気の流れが滞るため余りよくないそうですが、道と建物との間に壁や生け垣などをつくることで回避できるそうで す。また、T字路やY字路にも同じことが言えるそうです。但し、建物が道よりも高い場所にある場合は心配しなくて良いそうです。また、高層ビルや商業ビル のような大きな建物の角が正面玄関と対面するのも良くありません。台湾に行くと首都台北のビルの多くは角を丸くして互いに影響がないように配慮している様 子が分かります。

 また、送電線や変電所、携帯基地局の近くは避けること。お墓や病院、葬儀場などが近くにある場合は、正面玄関のドアを白、黄、オレンジ、赤といっ た明るい色にしたり、屋内で明るい音楽を流したり、庭の植栽を増やすことで影響を回避できるそうです。ペットを飼うことも良いエネルギーを運んでくれま す。さらに、屋内外をいつも綺麗にしておくこと。使い古した家具や電化製品、カーテンなどを明るい色に新調することも良いそうです。

 今回参照した本の著者は風水は占いや迷信ではなくサイエンスだと表現していますが、実際には細かな理論や法則があり、生年月日で細かく観ていくことができるものです。日本にも江戸時代まで根づいていたという風水について改めて考えるきっかけとなれば幸いです。