岡山市の工務店 森材木店 注文住宅 リフォーム 岡山県岡山市南区灘崎町 倉敷市 玉野市

目に見えない環境汚染時代を生き抜くために24

 環境マテリアル推進協議会の皆さま、お元気にお過ごしでしょうか。沖縄では20度を超える陽気となりましたが、北海道や東北地方の日本海側は氷点 下で降雪が続くなど地域によって差異はありますが、自然界も人間界も春に向けての準備が進んでいます。冬ごもりの虫も穴から出てくるように、私たちも身体 にたまった毒素を排出(デトックス)して元気に春を迎えましょう。

 久しぶりに2月の一泊研修「遮熱施工管理士取得講座」に参加させて頂きました。夜は恒例の岳温泉にて新規会員企業と代理店企業の皆さまと共に懇親 を深めましたが、忘年会と新年会のお疲れからか体調を崩されたり寝不足やアルコール続きで顔色の悪い方もちらほら。リフレクティックスの躍進を担う皆さま には健康管理をしっかりと行って頂き、大切な資産であるご自身の健康を損なうことのないよう気をつけて頂きたいと思います。

blog150310-1.jpg

 人間の生活は何をするにも多少なりともストレスがかかり、そのストレスが長年蓄積されるとしまいには大病になりかねません。ストレスが全くないと 豪語される方もおりますが、悪いことだけではなく良いできごとにもストレスは常に付きまといます。知らず知らずに心身に影響が及んでいることもありますの で注意が必要です。中高年に多いうつ病もその一例に過ぎません。

 今回のブログは、医療をとりまく現状をふまえ、日頃身体を酷使していらっしゃる会員の皆さまの健康に役立てて頂けるヒントを幾つかのキーワードに 分けてご紹介したいと思います。独自の健康法を実践されている方も多いと思いますが、異なる視点をプラスして頂ければ幸いです。規則正しい生活習慣が重要 であることは言うまでもありませんが、見落としている点がないかどうかご確認ください。

 2人に1人は癌になり3人に1人は癌で亡くなるご時世。医療が進化し、これだけ多くの健康法や健康食品が巷に氾濫しているにもかかわらず病人は増 えていくばかり。医療費も増え続け家計や国の財政をも圧迫し、長寿国どころか病人大国の汚名を着せられる日は近いのかもしれません。認知症患者数も急増中 で、65歳以上の10名に1名の現状が10年後には5名に1名の時代がくると推計されています。

 九州大学の調査においては、糖尿病があるとアルツハイマー型認知症になる危険性が約2倍になるとのこと。国民病とも言われる糖尿病ですが、有病者 (糖尿病が強く疑われる者)は平成24年の厚生省の統計で約950万人、糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備軍)は約1,100万人、合計 2,050万人と推計されています。

 糖尿病はかつて中国では皇帝がかかり富貴病と呼ばれていました。それが、昨年の統計では9,629万人とダントツの世界一。第2位はインド (6,685万人)、第3位は米国(2,578万人)で日本は第10位です。問題なのは、働き盛りの年代ほど糖尿病予備軍と診断されても治療しないことで す。30代では約6割が放置しており、糖尿病が悪化すれば主な合併症(腎症、網膜症、神経障害)のみならず心筋梗塞や脳卒中の確率も高まります。

blog150310-2.gif

 透析は病院経営でもドル箱と言われ、全医療費の約10%を占めています。糖尿病にも1型と2型があり、1型は遺伝的な影響の強い自己免疫疾患のた めインスリン注射の治療が中心となりますが、2型は食事と運動療法が肝心です。糖尿病予防にも、運動と食事、睡眠とストレスケアがポイントになります。環 境系雑誌を通じてお会いした藤本敏夫さんも糖尿病を患っており、生前、糖尿病患者のための新聞を発行されていました。ご関心のある方にはバックナンバーを 差し上げます。

 筆者も親の介護でさまざまな病院に付き添うことがありますが、どの病院も患者で溢れかえり大繁盛しているかと思いきや、日本の医療法人の多くは慢 性的な赤字経営であり、地方においては医師や看護師不足に拍車がかかっています。患者の自己負担は今後も増えていきそうな勢いですが、それでも、日本の国 民皆保険制度によって高度な医療が比較的安価に受けられる恩恵を享受していることには変わりありません。

 アメリカでよく聞くのは日本人旅行者が急病で救急車を呼んだら何万円もかかったというお話。これは事実です。州によって異なりますが4万円から8 万円ほどかかります。無保険者が多く自由診療中心のアメリカではオバマ大統領が国民皆保険制度(オバマケア)を目指していますが実現は遠いと悲観視されて います。中国では2002年に無保険者の多い農村で新型の保険の導入が進み2004年には15.7%だった保険加入率が4年後には85.3%まで急増しま した。流石人海戦術の国ですね。

 国民皆保険制度を持続的なものにするために必要なのは、その制度に甘えるのではなく、病気を予防し、未病のためにできることを日々実践していくこ とです。自治体を挙げて健康増進に取組み成功しているケースもあります。日本では救急車をタクシー代わりに使い、病院は高齢者の社交場とも言われています が、意識改革をしなければより拍車がかかっていくことでしょう。医療費を使わなかった高齢者を表彰するシステムなど抜本改革が求められています。

 さて、大局的な観点から日本で癌患者が増加の一途を辿っている原因を考えると幾つかの要因が浮かび上がってきます。ストレス、電磁波、食品添加 物、化学物質、環境ホルモンなど。化学物質を中心に国際がん研究機構(IARC)によっても発がんリスク毎に原因とされる物質がランク付けされています。 こうした発がん性物質を環境から取り除くことはもちろん重要ですが、一番のポイントは日々の生活を見直すことに他なりません。

blog150310-3.gif

ストレス

 紀元前からストレスを患っていた記録が残っているように、ストレス解消は永遠のテーマなのかもしれません。資本主義経済では飽くなき競争の中で貧 富の格差を広げていますが、社会主義経済もまた特権階級の腐敗を生みだし理想とはほど遠いものとなっています。人間にとっての幸せとは一体何なのでしょ う。マズローは人間の欲求を5段階に分けていますが、欲求がある限りストレスもなくならないのでしょうか。

 ストレスが顕著にでやすい身体疾患として胃や十二指腸潰瘍が挙げられますが、この病気の多くは悩みや怒りが長く続いて肝臓を痛め、冷たいものの食 べ過ぎ、不規則な生活などから脾臓と胃を痛めることによって起きると中医学で言われています。こうしたストレスを和らげるポイントは、大脳皮質機能を高め ること、つまり、交感神経と副交感神経のバランスをとることです。

 代人の多くは自律神経が失調しており、慢性的な疲労や不眠、だるさ、偏頭痛、動悸、ほてり、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれといった身体 的な症状に加え、イライラや不安、気分の落ち込みや集中力欠如など精神的な症状に悩まされています。筆者はストレス耐性が強いタイプだと思っていました が、それは大間違いで、最愛の母の死をきっかけに自律神経失調や更年期障害に次々と襲われました。

 配偶者や肉親との死別は避けられないものです。1960年代にアメリカのホームズ博士によって研究された人生の出来事とストレスの尺度においても 配偶者の死が最大の100とされています。離婚、別居、病気や解雇、夫婦の和解調停や退職、家族の病気などもストレス度の高い項目ですが、強いストレスを 抱えていると高い確率で翌年までに精神症状がでると予測されています。

 死別については別の機会にご紹介したいと思いますが、グリーフケア(悲嘆ケア)という深い哀しみから立ち直るためのプロセスをサポートする仕組み もありますので、身近な支援グループを探してみるのも良いでしょう。日本では死を忌み嫌い向き合うことを避ける傾向にありますが、死は自然現象であり、そ こに光をあてていくことができれば死別の苦しみが和らぐことでしょう。

blog150310-4.gif

 ストレス解消法はスポーツや飲み会、リラクゼーションなどさまざまですが、アルコールはほどほどに。日本は依存症大国でもあり、アルコール依存症の疑い のある人は440万人(厚労省、2003年)、ギャンブル依存症の疑いのある人は536万人で有病率は世界一(厚労省、2014年)、テクノ依存症(ネッ ト依存症)の中高生が51万人(厚労省、2013年)、摂食障害(過食症、拒食症)など数を挙げればきりがありません。

 ストレスの反動で依存症になってしまったのでは元も子もありません。喫煙も発がん性が実証されているにもかかわらず未だに喫煙率は19.7%も。 世界保健機関(WHO)によれば喫煙者の7割はニコチン依存症とのこと。こちらもなかなか深刻です。タバコを止めるくらいなら早死にしたほうがましだ、と 開き直るのは禁煙治療を受けてからでも遅くはありません。

 ストレス解消法の中でも「気功」はお金もかからず、どこでもできて、これほど有効な方法はありません。筆者は以前、自身の脊椎側彎症を中医学の医師から 気功治療で治して頂いた経験があり、2年間中医学教室を運営していたことがあります。教室の生徒さんで初期の癌を気功のみで克服したケースもありました。 気功は徐々に身体の内部を改造するものであり、焦らずに心を落ち着けて行うことがポイントです。

 やり方は簡単。椅子に座り掌を上にして腿の上に置きます。目を軽く閉じて腹式呼吸をしながら身体の力を抜いていきます。無念無想を心がけます。天からの エネルギーが頭頂にある「百会」というツボから身体の中を流れて足の裏にある「湧泉」というツボと掌にある「労宮」というツボから地に流れていくことをイ メージします。たったそれだけです。騙されたと思って朝晩10分ずつ試して頂ければ幸いです。

電磁波

 電磁波問題は長年にわたり研究してきましたが、電磁波環境が急激に悪化している現状を憂いています。筆者自身が電磁波過敏症であり、電磁波の強い環境に いるだけで頭痛や眩暈、耳鳴りや動悸などの症状に長年悩まされてきました。近年はオフィスや住宅の電化やIT化が進展し、便利さと引き換えに生活空間が電 磁波に晒されるようになったため電磁波過敏症も増えています。

 しかもスマートフォンの急激な普及により電磁波に対して脆弱な青少年の曝露時間が急増しています。まさしく携帯天国、電磁波地獄と言えましょう。電車に 乗っていても歩道を歩いていてもスマホだらけ。決して否定するものではありませんが、賢い使い方を徹底しなければ負の側面が暴走し取り返しのつかないこと になるでしょう。

 電磁波行政は総務省の管轄となっていますが、経済優先で健康被害がないがしろにされていると言わざるを得ません。未だに高圧送電線の下に住宅や商業施 設、幼稚園のような施設まで立ち並んでいる現状に心が痛みますが、リフレクティックスは電磁波をブロックしたり低減する効果もありますので、優先して導入 を進めて頂きたいと思います。

blog150310-5.jpg

 電磁波測定器の計測値が1ミリガウス以下であればセーフですが2ミリガウスを超えたらアウトです。これは世界各国の長年にわたる疫学調査からも裏づけで きるものです。但し、生体への影響は、電磁波の強度×曝露時間によって決まってきますから2ミリガウスでも滞在時間を短くすることで影響を緩和することが できるでしょう。簡易電磁波測定器でまずは自宅やオフィスの電磁波を計測してみましょう。

 胃癌で若くして母親を亡くした友人から依頼され、自宅を訪問して電磁波測定をしたことがあります。すると、目視で100メートル程先に見える高圧線に面 した台所が最も高数値であることが判明しました。母親世代ほど多くはありませんが、専業主婦(夫)は住居にいる時間が長いので電磁波の影響を看過すること はできません。寝室は測定値の低い部屋にするなどの工夫が必要でしょう。

 近年は携帯電話の基地局が乱立しマンションの屋上や小学校の近くなど、所構わず設置されるケースがありますので周囲のチェックが欠かせません。原 因不明の頭痛やだるさ、のどの痛み、咳、皮膚炎、口内炎、耳鳴りなどの症状が続く場合は疑ってみましょう。リース料など甘い話に乗せられて設置してしまう ケースがありますので厄介ですが住民運動が全国的に行われるようになっています。

 オフィス内の環境も要チェックです。パソコンのCPUをはじめコピー機やサーバー、ルーターなど、電磁波の発生源からは距離をとり、パソコン作業をする 際は1時間毎に休憩しましょう。壁裏や床下の配線も複雑になり電磁波が強い可能性がありますので要注意です。Wifi全盛時代となりましたがオフィス内や 商業施設はともかく、家庭の中にもWifiを推進しようとする各社のCMにはうんざりしています。

 最も懸念されるのはタブレットをおもちゃ代わりに幼児や子どもに与えていることです。Wifiをoffにして遊ばせる分には構いませんが、幼弱な細胞ほ ど電磁波の影響を受けやすいので気をつけましょう。それに次いで懸念されるのはスマホの通話です。スマホを耳にあてて通話している方はいないでしょうか。 今すぐ止めてください。安価なスマホの普及もあり中高生のスマホ利用が広がっていますが、ネット中毒やテクノ不安症、テクノ依存症を助長するものです。

 人間の体内時計は脳の松果体から分泌される脳内ホルモンの「メラトニン」によって司られています。メラトニンは免疫力を向上させたり、認知症予防効果も 報告されています。ところが、携帯電話やスマホから照射される電磁波(低周波磁場)によりメラトニンの分泌が抑制されてしまうのです。それによって、不眠 症や免疫力が低下し、精神的にも不安定になります。奇跡のホルモン、若返りのホルモンとも言われるメラトニンの効用に注目しましょう。

 電磁波の強度は、発生源からの距離の二乗に反比例します。つまり、発生源から身体を遠ざけることで対処できるのです。携帯電話やスマホを胸ポケットにい れている方はいらっしゃいませんか?使用時でなくても電磁波は発生していますので鞄に入れるなどしてなるべく身体からは遠ざけるようにしましょう。子ども たちは就寝前の利用時間が長いことが判明していますが、枕元に置いたまま寝てしまったら一晩中電磁波を浴びることになりますので要注意です。

 次回は癌や動脈硬化などの大きな原因となっている食品添加物についてご紹介します。