岡山市の工務店 森材木店 注文住宅 リフォーム 岡山県岡山市南区灘崎町 倉敷市 玉野市

佐藤恵理さんの紹介と執筆依頼

フロアインターナショナル 佐藤恵理さんは、代理店会議でご紹介の通り、協議会顧問としてお迎えした方です。



彼女は、環境ジャーナリストとして世界各国を訪問し数々の体験をお持ちの方です。また、大変お顔も広く、 先般ブログでJAXA(宇宙航空研究開発機 構)の立川理事長との面談をお伝えしましたが、 実は佐藤恵理さんにとっては旧知の方だったんです。 この度の全国代理店会議での基調講演者浅野重人氏も佐藤恵理さんのお知り合いでご推薦頂きました。 単独無寄港世界一周や太平洋横断世界最速記録を樹立した海洋冒険家の白石康次郎氏とも親交深いとお聞きしております。
また、得意分野として同時通訳が出来、「電磁波とその防御」の専門家でも有ります。 目的は一つ、互いに住環境改善ですので、我々の組織にも影響力を与えて欲しいとお願いしまして顧問となって頂きました。

月一回私のブログで佐藤恵理さん執筆をお伝えします。
先ずは、佐藤恵理さん初回のご挨拶です。

環境マテリアル推進協議会の会員の皆さま、はじめまして。環境ジャーナリストの佐藤恵里と申します。 今月より毎月、「環境と健康」に関するホットな話題をお届けして参りたいと思います。 佐藤理事長と15年前に東京でお会いしたときのことが、ついこの間のように感じられますが、 その当時から住環境改善に全力で取組む姿勢に啓発され続けて今日に至っております。 当時の筆者は電磁波過敏症の体質に悩み、電磁波問題の調査、研究を開始したところでした。 その後、5年間にわたって国内外の専門機関や専門家が実施した調査研究活動をベースに独自の取材やノウハウの発掘作業によって 自ら電磁波過敏症を克服した経験を綴った拙著『テクノストレスに効く55の処方箋』を2002年に上梓しましたが、 残念ながら絶版となってしまいました。
2002年の当協議会設立式典には、インディアナ州議会議員のジャック・ルーツ氏や リフレクテックス社のデール・トカルスキー氏の通訳としても参加させて頂きましたが、 その頃には、住環境が電磁波や目に見えない化学物質や病原菌等による生体影響に大きく作用していることを突きとめておりましたので、 リフレクテックスを始めとする住環境改善差別化商品の普及を心から願っておりました。

また、筆者の父が当協議会の一泊研修に初期に参加させて頂いた経緯もあり、 築45年になる木造建築の実家は、NFPで不定期ですが処理を行っているため 白アリはもちろん、蟻一匹現れませんし、 二軒先のアパートが全焼したときも何の脅威も感じずに済みました。 リフレクテックスを導入してからは夏は涼しく、 冬は床暖房を切っても数時間は室内が暖かく助かっているとのこと。 さらに、IPペレットで風呂水の殺菌をしているため、身体をしっかり洗ってから入浴すれ ば 一週間は風呂水を替えずに済みます。 会員の皆さまも既に体感されていることと思いますが、こうした体験をもっと多くの人々に伝えて参りたいと思います。

さて、今回は初回ということもあり、佐藤理事長や当協議会とのご縁についてご紹介させて頂きましたが、 次回からは最近気になるテーマを中心に、問題の本質や解決策についてご紹介して参りたいと思います。

初回投稿
目に見えない環境汚染時代を生き抜くために@A
・・を予定しています。