リフレクティックス(遮熱材)・お勧め商品 時代は断熱から遮熱へ!

リフレクティックス(遮熱材)

リフレクティックス遮熱材

〜米リフレクティック社の工場では外気温38.5℃でもエアコン不要〜

時代は断熱から遮熱へ!その驚きの性能の秘密はココ↓に

 

| 遮熱材リフレクティックスとは? | 熱反射率 | 物性及び特徴 | Q&A | 弊社テストでの実験結果 |



遮熱材リフレクティックスとは?

輻射熱の影響
 
遮熱材リフレクティックスとは?
快適さは温度でしょうか?

外気36℃の太陽の下にいると、吹き出るような汗と息詰まるような熱気で立ちくらみをするような思いをしますが、 木陰に入ると涼しく感じます。体温36.5℃とすると、外気はそれより低い温度ですから、 本来涼しく感じなければなりません。しかし、暑く感じるのは太陽の輻射熱が直接体に当たって熱を発しているからです。 木陰に入ると木の葉が輻射熱をカットしてくれますので、涼しく感じます。 また、36℃のお風呂に入った場合、ぬるく感じることは誰もが経験していることです。すなわち「暑い・寒い」と感じるのは温度ではないのです。

熱移動の75%は輻射熱

リフレクティックスは、輻射熱(下図赤棒)の97%をカットします。

■ビルディングの空間を通過する熱流の輻射、伝導、対流の割合

下方への熱の流れ 上方への熱の流れ 側方への熱の流れ

ペンシルバニア州立大の報告によれば、ビル等の空間での熱損失の大半は、伝導熱と対流熱によると考えれていましたが、実際ほとんどの熱伝達は輻射熱によるもので、その量は全熱移動の75%を占めると述べています。全米の多くの機関でも暖かい壁から、冷たい壁の間の熱の通過は夏冬関わらず、その60〜80%は輻射熱に依るものということで一致しています。従って断熱材を厚くしたり、熱伝導率を低くしただけでは快適空間は生み出せないのです。



熱反射率

■反射率の比較

素 材 反 射 率
99% 
98% 
リフレクティックス
97% 
アルミ合金
75%〜91% 
アルミ蒸着品
35%〜60% 
レンガ
7% 
ガラス
5% 
スレート
8〜10% 
2〜10% 
タイル
5〜15% 

※参考文献:連邦標準局編 Housing and home 調査報告

 

輻射熱をカットする決め手は反射率!

ほとんどの建材は反射率が低く、外部の熱を吸収してしまいます。従って夏は暑く冬は寒いという結果になってしまいます。反射率97%のリフレクティックス は、ほとんどの熱線をはね返してしまいます。更に吸収された残りの3%は、エアーキャップによる断熱層が熱の伝導を防止しますので最強の遮熱であり、断熱 材といえます。

 

リフレクティックスは最良の遮熱材

 

リフレクティックスと一般の断熱材の違い

アルミホイルの低熱放出性、空気の低熱伝導性の利点からリフレクティックスは、両面に空気層を合わせ持つ事で輻射熱を反射して伝導熱を断熱することができます。

 

 

■壁空間における熱流試験


※1BTU=0.252kcal

壁空間における熱流試験

※参考文献:Insulating Effects off Successive Air Space Boundedby Bright metallic Sufaces

壁空間に反射板をおいて熱流試験をした場合、1枚の反射板でも60%の熱損失の減少となります。更に2枚挿入すると85%と大半の熱損失をカットする事ができますリフレクティックスは反射率97%なので、この効果は更に大きいものになります。 著名なこの分野の権威者によると、夏の屋根への熱負荷は19,000BTU'sもあり、家屋を細かく調べ、またアルミ断熱材を重複して使用すれば、600BTU's、つまり全体の熱負荷の97%を減少できると述べている。

 



物性及び特徴

■リフレクティックス構造(7層)

リフレクティックスの構造

リフレクティックス社が持つ「優れた反射技術」は、超高熱環境で使用する宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として宇宙産業に採用されました。以来、様々な技 術を駆使し、進化し現在あるシンプル構造体のリフレクティックスが完成しました。その構造は、両面アルミ箔に2枚のバブルポリエチレンシートを3枚のポリ エチレンシートが内蔵された単純構造体です。この高い遮熱性能をもつリフレクティックスは、暑さ寒さを快適に過ごす事に寄与した環境に優しい材料です。し かも経費の節約とエネルギーの節約に大きく貢献します。


■リフレクティックス物性

 

項 目 性 能
外 観 両面アルミ箔張(シルバー)

K値・R値 リフレクト工法による屋根からなどの
下向きの熱移動
K値 0.41W/uK
R値 2.40uK/W

厚 さ 5/16インチ(7.93mm)

使用温度範囲 −50℃〜80℃

圧縮強度 40t/u以上

引張強度 3.7N/mu(2.64s/mu)

曲げ柔軟性 ひび割れなし

水分吸収率 0.0%

熱反射率 97%

 

 

■リフレクティックスの特徴

● 高 遮 熱 性
たった8mm厚の遮熱材リフレクト工法はお求めになりたいR値を実現することができます。

● 熱 輻 射
99.999%の高純度アルミをシート両面に使用のため、冬の冷輻射熱、夏の暖輻射熱を防御すると同時に室内の暖冷気を外に逃がしません。

● 広い使用温度範囲
-50℃〜80℃と広範な温度領域で使用可能です。

● 熱線(輻射熱)カット率
熱線は電磁波です。電磁波の殆どをカットします。その他電子レンジから出るマイクロ波、高圧電線やOA機器から出る低周磁波をカットし、電磁波障害に対応します。

● 利用空間拡大
超薄型で高い性能を発揮するため、取り付け空間が少なくてすみ、その分だけ空間が友好に利用できます。

● 安 全 性
腐食性や毒性、ガン原生等がなく非常に安全性が高い商品です。また、大気への汚染物質の放出はありません。

● 作 業 性
カッターやハサミで簡単に切断できるため、作業効率が非常に向上します。作業時は眩しさ防止サングラス等必要。

● 多種の取り付け方法が可能
ボルト締、接着、釘打、縫いとじ、ホッチキス止め、鋲止め、テープ止め等、種々の取付方法が可能です。
● 強度が高い

圧縮強度40t/u以上、引張強度3.7N/mu(2.64s/mu)
● 密 閉 性
空気を完全に遮断しますので、高気密の空間を作ることができます。また、蒸気を阻止します。

● 耐 久 性
全体の層をプラズマ溶着しているので、剥離したり、破れたりすることはありません。また、酸化したり、分解したりすることもなく永久的なものといえます。

● 結 露
対照温度差、相対湿度によるが空気層設置により結露対策が可能です。

● 清 潔
細菌もカビも増殖しません。また、高圧洗浄機で洗浄することも可能です。

● 軽 量
一平方メートル当り305g程度の重さなので、運搬が非常に楽です。

● 廃棄物の減少
リフレクティックスは全量使い切る事ができます。

● 防 水 性
全く水を寄せ付けませんので防水シートの必要もありません。

 


 

遮熱材リフレクティックスQ&A

リフレクティックスの反射の威力!! 国土交通省不燃認定品 認定番号NM-0838

リフレクティックスシートは雰囲気温度800℃で20分間照射しても全く形状変化がありません。リフレクティックスはアルミ箔で構成されております。元来アルミは660℃前後が溶融点です。溶けなかった理由は、熱を反射し続けたからです。

日本での考え方“断熱(伝導熱を断ち切る)”の常識を根本から見直して下さい。

 

貴方は熱移動の3原則をご存知でしょうか?
勿論、熱移動の3原則は、対流・伝導・輻射です。

 

対流
伝導
輻射
対流の例 ストーブ
電動の例 - アイロン
輻射の例 - 熱線
ス ト ー ブ
ア イ ロ ン
熱  線

我々が体感する3種熱移動の比率を教えて下さい。
伝導熱が全体の5%、対流熱が20%、輻射熱が75%です。

伝導熱 対流熱 輻射熱の熱移動の比較


日本と欧米の「断熱」意識の違いを教えて下さい。
特に米国では、1920年頃、熱力学の中の熱移動が体系化され、75%もの輻射熱をカットするために反射技術が取り入れられました。一方、我が国日本で は、我々が体感する熱移動の5%弱である伝導熱をカットする断熱法が一般常識となってしまいました。この事は、欧米から見れば非常に不可思議な事として論 じられております。

我々が体感する75%の輻射熱とは、如何なるものでしょうか?
輻射熱を喚起するのは「熱線=電磁波」です。

 

輻射熱とは?

太陽からの熱を持たない熱線(電磁波)の一部は宇宙空間のダストに衝突し、ダスト内に吸収され「熱変換作用」により輻射熱Aを発します。(地球空間温度の 大半を決定する)。また、大部分の電磁波は地球に直接降り注ぎ物体に衝突します。その物体は電磁波を反射するか吸収されるかに分かれます。吸収された電磁 波は前記ダスト同様「熱変換作用」により輻射熱Bを発します。


既存のグラスウールや発泡系材料でも厚くすれば、それなりの効果があるのではないでしょうか?
これらの材料は直訳すると「熱伝播遅効型熱吸収材料」です。確かに、薄いものより厚いものの方が効果があると思いますが、何れにしても時間の問題です。ま た、前述通り20%程度しか発しない伝導熱を防止しても、快適環境を得ることは難しい事と断言できます。例えば外気温が36℃と仮定します。100mmの 発泡系材料は、一時間経過後計測すると、100mm中半分まで外気温の影響を受けています。この時点では、最内側には外気温の影響を受けておりませんの で、断熱効果があるといえますが、2時間後或いは3時間後はどうでしょうか。通常3時間後は、外気温36℃の熱は最内側まで到達します。このような状況で は、断熱材があることさえ無意味な事です。また、一度温まってしまった断熱材は、夕方外気が冷えた場合でもなかなか元に戻らず、熱帯夜に拍車をかける事に なってしまいます。

 

リフレクティックス遮熱材の効果

冬には冷たい外気と土気を反射し反射し、暖房を室内に戻す。 夏には熱線(電磁波)を反射、外壁からの輻射熱を遮断し室内の冷房−エネルギーを外部に逃がしません。 絶対温度0℃はマイナス273℃です。 熱移動は絶対温度に到達するまで発生し続けます。 リフレクティックスは春夏秋冬不眠不休で働き続けます。

弊社テストでの実験結果

実際に弊社でリフレクティックスの遮熱性能を代表的な断熱材「ネオマホーム」と比較してみました。

2つの木製の箱の中に温度計のセンサー部を設置し、外側全面にそれぞれ「ネオマホーム」と
リフレクティックスを貼ったものを用意します。

出来上がった2つの箱を並べたうえで直接赤外線ストーブで温め、内部の温度変化を測定しました。

 

■実験結果          (室内温度 30.0℃)

 
ネオマホーム
リフレクティックス
開始時
30.1℃
29.9℃
5分後
30.2℃
29.9℃
10分後
31.0℃
30.0℃
15分後
31.7℃
30.1℃
20分後
32.6℃
30.2℃
25分後
33.8℃
30.4℃
30分後
35.0℃
30.6℃
ストーブの電源を切る
32分後
35.3℃
30.6℃
34分後
35.6℃
30.6℃
37分後
36.0℃
30.6℃
41分後
36.2℃
30.6℃

 

実験開始後5分辺りからネオマホームは急激に温度上昇し、30分後にストーブを切るも41分まで上昇を続けた。一方、リフレクティックスはストーブを切る30分後までごくわずかに上昇し続け、その後温度変化なし。

この結果からリフレクティックで覆われた空間は断熱材に比べて遙かに外気温の変化による影響を受けにくいと思われます。 実際に実験してみて「リフレクティックス」の遮熱性の高さに改めて驚く結果となりました。

実験装置は弊社事務所にございますので、ご自分で試してみたいという方は「お問い合わせ」フォームもしくはお電話にてお問い合わせ下さい。

 

いろいろな使用例